死を覚悟した乗客たち—ユナイテッド93の惨劇

FXトレンドニュース
死を覚悟した乗客たち---ユナイテッド93の惨劇『ユナイテッド93』は、2006年のアメリカ映画。2001年9月11日、同時多発テロでハイジャックされた最後の1機は、乗客の反撃でホワイトハウスへの突入を免れた! この作品は、遺族すべてに細かな取材を行い、忠実に再現することに努めたという。唯一目標に達しなかったユナイテッド航空93便の離陸から墜落までの機内の様子や、地上の航空関係者たちのやりとりを描いた映画だ。「作品のストーリー」2001年9月11日。大勢の乗員・乗客を乗せたユナイテッド航空93便は、離陸後にテロリストによってハイジャックされていることが判明する。やがて、その情報は搭乗
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL