FX自動売買で破産してしまう人の共通点とは?資金管理を徹底して大損失を回避する方法

FXトレンドニュース
FX自動売買は初心者でも手軽に始められるFX取引ですが、実際に稼げず破産してしまう人がいます。
自動売買で損失が続き破産してしまう人には共通するポイントがいくつかあります。
FX自動売買はリピート系と選択型がありますが、どちらも同じ理由で損失を生み出しています。
今回はFX自動売買で破産してしまう人の共通点と、破産を回避する方法を解説します。
FX自動売買で損失続きの人や、原因がわからないまま大損失してしまった人は参考にしてください。
FX自動売買で破産してしまう人の共通点3つ解説
FX自動売買で破産してしまう人は3つの共通点があります。
FX自動売買で破産してしまう人の共通点
資金分散をしていない
自動売買システムを放置している
ハイレバレッジ状態で取引している

上記3つのことをやっている人はほぼ100%の確率で破産します。
FX自動売買の損失リスクは裁量トレードと同じなので、ラクして稼げるシステムでないことを理解しましょう。
資金分散をしていない
資金を分散せず1つのポジションに絞ると、損失リスクが1点に集中してしまうので大損失に繋がります。
FX自動売買システムを利用する時は、いくつかの保険を持って取引する必要があります。
自分の資金をすべて1つのポジションにまとめてしまうと、損失トレードが発生した時取り返しの付かないことになります。
自動売買システムを放置している
自動売買システムを完全放置していると、相場変動によってシステムが損失トレードを連発するようになります。
相場状況と自動売買システムが上手く噛み合っている場合は放置していても収益を得ることができますが、相場状況が変わるとシステムを調整する必要があります。
相場状況が変わっているのに同じ自動売買システムを利用し続けると、損失トレードを連発して最終的に破産してしまいます。
FX自動売買システムは完全放置

リンク元

Comments

Copied title and URL