彼女はなぜバッシングされたのか –平均日本人による理不尽の不満

FXトレンドニュース
彼女はなぜバッシングされたのか--平均日本人による理不尽の不満『バッシング』 は、小林政広監督2005年の作品。主演は占部房子。2004年に発生したイラク日本人人質事件がモチーフになっている。作品は、第58回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映された。 中東で武装グループに拉致・監禁された有子は、無事に解放されたものの、彼女を待ち受けていたのは社会からの「バッシング」だった。そのすさまじい誹謗中傷により彼女は仕事を失い、父親は自ら命を絶つのだ。 北海道のとある海辺の町で暮らす高井有子(占部房子)は、突然、アルバイト先のホテルをクビにされた。 有子は中東の戦
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL