働く60代の「月収」は?長く働くために必要な3つのこと

最新ニュース
かつて60歳での現役リタイアは、ごく普通のことでした。ところが、年金をもらえる年齢が65歳になったことで、60歳以降も働き続ける人が増えています。2021年4月1日には改正高年齢者雇用安定法が施行され、65歳から70歳までの就業確保が事業主の努力義務になります。
高年齢者雇用安定法は定年の引き上げを義務付けるものではありませんが、長く働きたい高齢者にとっては朗報です。一方、「早くリタイアしたい」「のんびり暮らしたい」と考えている人もいるでしょう。
Source: LIMO

リンク元

Comments

Copied title and URL