実家をスムーズに相続する手順は?遺産相続の基本や準備、注意点も

最新ニュース
親が亡くなり実家を相続する事になった場合、遺言書の有無の確認、実家の登記名義人の調査などの準備が必要です。
不動産相続においては、期限が定められている手続きもあります。例えば、相続放棄は3ヶ月以内、被相続人(亡くなられた方)の所得税を申告・納付する準確定申告は4ヶ月以内などと定められています。これらを検討する場合は、早めの行動が必須となります。
本記事では実家を相続する前に行っておく事、相続の基本と手順、注意点を解説していきます。スムーズに相続の手続きを行うために、あらかじめ相続の流れと相続登記の必要書類などを確認しておきましょう。
大手の不動産一括査定サイト4社を比較
目次
実家を相続する前に確認しておくこと
1-1.実家の登記名義人は誰になっているか
1-2.遺言書があるか
相続の基本と手順
2-1.相続開始~遺言書の確認・検認
2-2.遺産の調査~相続を行うか決める
2-3.相続放棄・限定承認は3ヶ月以内に
2-4.準確定申告(4ヶ月以内)
2-5.遺産分割協議
2-6.相続の登記を行う
2-7.相続税の申告・納付
相続した実家に欠陥があった場合の注意点
まとめ
1.実家を相続する前に確認しておくこと
実家を相続する際には、手続きを行う前に実家の登記名義人と遺言書の有無を確認しておきましょう。
例えば、親が実家を祖父母から譲り受けた場合には親が所有権の移転登記を行わず、祖父母のどちらかが登記名義人となっているケースが存在します。
登記名義人と被相続人が異なると、相続人の調査や登記の手続きに時間が掛かり、費用や手数料も余分にかかる可能性があります。事前に確認しておきましょう。
また、遺言書の有無で相続の手順が異なるため、遺言書の確認も重要となります。
1-1.実家の登記名義人は誰になっているか
実家を建てたのが両親ではないケースでは、登記名義人が両親ではない可能性が

リンク元

Comments

Copied title and URL