Binance、イーサリアムとERC-20トークンの引き出しを一時停止

仮想通貨
バイナンスがETHとERC-20の引き出しを一時停止
世界最大の仮想通貨取引所の1つであるBinanceの公式Twitterは2月22日(月曜日)、ネットワークの混雑により「ETHとイーサリアムベースのトークンの引き出しを一時的に停止」したことを発表した。
Withdrawals of $ETH and Ethereum-based tokens are now resumed. https://t.co/bQyKu6WXkd
— Binance (@binance) February 22, 2021

バイナンスはその後、最初のツイートから37分後の発表で以前の決定を覆し、サービスを再開したが、トレーダーからは批判が集まる結果となった。
There are currently 151k pending transactions on the Ethereum Blockchain. #Crypto #ETH #BTC #CRO #BNB pic.twitter.com/ewo0BuduM1
— Dave (@redpillblue1) February 22, 2021

一時停止の動きは、イーサリアムのガスコストの急上昇と、151,000件の保留中のトランザクションを超えて急速にエスカレートしたバックログの中で起こったもので、スケーラビリティの問題が指摘されている。
ETH is super congested now, at 1200+ gas. @Binance have suspended withdrawals.
There was a conspiracy theory that Binance is deliberately making ETH gas fees high. Let's see it come

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!

Comments

Copied title and URL