日経平均株価は、3月12日の「メジャーSQ」まで調整が 続く可能性も!「日銀のETF買いの条件判明」と「米国の 長期金利のピークアウト」が相場が転換するサインに! – 最下層からの成り上がり投資術!

FXトレンドニュース
現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日経平均株価と米国株式市場(特にナスダック総合株価指数)は調整入りしたと見ています。その主因は、米国の長期金利の上昇です。長期金利上昇の背景には、大型の経済対策のための国債増発に伴う、米債券市場の需給悪化懸念の高まりがあります。また、その経済対策による景気押し上げ効果と、さらに新型コロナウイルスのワクチン普及による経済正常化期待を主因にした物価の上昇、すなわちインフレ期待の高まりも、長期金利の押し上げ要因となっています。この長期金利の上昇が、米国の高PERのハイテク株の売り材料となっています。
Source: ザイ・オンライン

リンク元

Comments

Copied title and URL