外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|新型コロナのパニック相場を「一目均衡表」で俯瞰する方法】

FXトレンドニュース
新型コロナウイルスによるパニック相場で恐怖と不安のどん底に陥らないためには、大局観や俯瞰力が必要です。冷静沈着な相場展望を立てるうえで力強い味方になるのが「一目均衡表」。相場は価格だけでなく時間にも強く支配されることを視覚的に表現した斬新なテクニカル指標です。今回は一目均衡表を使って、コロナショックに揺れる為替市場を冷静な目で見つめ直しましょう。
乱高下するドル円相場と過去の節目。ドル円は鉄板下値100円を割り込むか!?
 新型コロナウイルスの蔓延は「パンデミック(大流行)」となり、米国をはじめ世界中の金融市場をパニックに陥れています。本誌が発売される4月後半以降の状況を見通すのは不可能ですが、世界同時株安はすでに2008年のリーマン・ショックを越える動きといえます。
 金融市場の中でも特に株式市場の下げがきつく、株式の損を利益が出ている金(ゴールド)や米国債の売却で埋めるという流れも発生。あらゆる金融商品が暴落し、なにがなんでも「キャッシュ(ドル現金)」を確保する動きが出ています。そのため3月第2~3週には異例のドル高円安が進んでいますが、ドル円月足チャートの雲の下限で止まっています。目先の目安は、この雲を上抜けできるかどうかという点と、2月20日に記録した112円23銭を抜けるかどうかという点かと思います。
 ただし、3月下旬時点の相場状況は従来の「相場観」ではなかなか太刀打ちできないものになっています。「有事のドル復活」という意味では、足元のドル現金確保の動きがどこまで続くかということですが、これも新型コロナウイルス次第です。反対にドルの大幅下落もあると予想していますが、ここは先入観を持たないように、テクニカル中心にやる他ありません。

 株式ほどではないですが、チャート①に示したようにドル円も非常に荒っぽい値動きが続いています。3月第2週にはトランプ大統

リンク元

Comments

Copied title and URL