バイナンス、準備に2年を要したスポット取引システムをアップグレード

仮想通貨
バイナンス、準備に2年を要したスポット取引システムをアップグレード
大手仮想通貨取引所バイナンスは28日、準備に2年間を要した最大のアップグレードを完了させたことを同社CEOであるCZ氏が明らかにした。今回のアップグレードではマッチングエンジンに新しいプログラミング言語を使用し、これまでのコードを全て書き換えるという大掛かりなものであったとのことで、理論上はこれまでよりも10倍早い作業が可能になっている。
This is the largest upgrade to date. We switched the matching engine to a new programming language (and re-wrote all code from scratch, as required). That’s as big an upgrade as you can get. 2 years in the making, all for faster performance. Readying for the next wave… #BUIDL
— CZ Binance (@cz_binance) June 28, 2020
CZ氏は、「これは、これまでで最大のアップグレードです。マッチングエンジンを新しいプログラミング言語に切り替えました(必要に応じて、すべてのコードをゼロから書き直しました)。それはあなたが得ることができるのと同じくらい大きなアップグレードです。 この2年間の準備で、すべてがより高速なパフォーマンスを実現しています。」とツイートしている。
以前からバイナンスでは、多くのトレーダーがバイナンスをパフォーマンスの低下とシステムの多くの不具合を批判しており、新しい通貨の取引ペアと先物契約を追加する前にバグを修正する必要があると

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!

Comments

Copied title and URL