バイナンス支援のHDACとCertiKが業務提携|ブロックチェーンでIoTデバイスを追跡

仮想通貨
バイナンス支援のHDACとCertiKが業務提携|ブロックチェーンでIoTデバイスを追跡
スマートコントラクトとブロックチェーンエコシステム向けの検証テクノロジーを提供する監査会社のCertiKとIoT向けのアルトコインとして知られるヒュンダコイン(Hyundai/HDAC)が協力し、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)デバイスをブロックチェーンに組み込むことが分かった。
HDACブロックチェーンプラットフォームは、ブロックチェーンネットワークを利用し、より正しく、より安全な認証ができ、シームレスマッピング、マシン間だけのマンツーマントランザクションをIoTデバイスと組み合わせることで超低コストなトランザクションを可能にするプラットフォームだ。
一方のCertiKのブロックチェーンエンジニアのチームは、HDACと緊密に協力し、近い将来リリース予定のコードベースの設計と実装を監査したことを、共同で先週金曜日にCoinDeskに語っている。
HDACは以前、コードベースを監査するためにCertiKを利用。セキュリティ会社はHDACのブロックチェーンソリューションを構築する計画を知っていたとCertiKの広報担当者は述べている。これにより、同社は正式なパートナーシップを模索している。コードベースは、ソフトウエアシステムの構築に使用されるソースコードのコレクションであり、一般的なリポジトリ(収納庫)として機能するという。
HDACの将来計画のため、セキュリティへのHDACの焦点に対する公的な約束と、HDACのような大規模なエンタープライズレベルのソリューションをサポートするCertiKの能力の象徴として、正式に互いに提携することは理にかなっていると判断したとCertiKのマーケティングマネージャーのコニー・ンゴ(Connie Ngo)氏がCoinDe

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!

Comments

Copied title and URL