【FX手法】日足の終値からの動きと市場参加者の動向を参考にした取引手法。売買シグナル利用の中長期トレード[コウスケ]

FXトレンドニュース
FX手法のポイント


戦略:日足終値と通貨ペアのポジション量を意識したトレード
トレード時間軸:日足、4時間足、1時間足
テクニカル:比率ランキングインジケーター、RCI、ストキャスティクス、モメンタム分析、センチメント分析

新規

比率ランキングインジケーターを確認して通貨ペアの強弱を把握し、日足の終値付近のラインを中央値として、方向感を確認する
比率ランキングが「Up」かつ1時間足で前日の終値ライン付近からいったん下落し、再びラインを上抜ければ買いエントリー

損切り

エントリーポイントから40〜50pips辺りに損切りを置く

利確

損切りとの比率1:1以上を目安に、カスタムインジケーターが生成する利益確定ラインも参考にする

市場参加者の動向と終値からの動きを重視
 実力派トレーダーのコウスケさんが紹介するのは、日足の終値と通貨ペアのポジション比率および需給を重視したFX手法。
 まず「比率ランキングインジケーター」から、取引する通貨ペアの需要が多いか少ないか、売りと買いのどちらにポジションが固まっているのかを確認します。次に日足のローソク足の形成を予測し、トレードの方向感を定めていきます。この二つが合致したらその方向に動く可能性が高いと判断します。
 また、RCI、ストキャスティクスも併用し、相場の過熱具合も判断材料としています。
 チャートの動きと通貨の需給という二つの根拠を基にエントリーするので、より精度の高いトレードが可能となります。
ポイント1|通貨ペアの強弱をエントリーの参考に

通貨ペアの需要とポジション比率を確認
コウスケさんは通貨ペアの強弱を判断するために取引高とポジション量から独自計算してランキング化するインジケーターを作成し、それを用いています。こちらのインジケーター

リンク元

Comments

Copied title and URL